兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2021.03.06
43,459 views

【姫路】週2日営業の古民家カフェ「MARUSANKAKU」モーニングもランチも野菜尽くし♪

2020年10月に、姫路市広畑区から人気カフェ「MARUSANKAKU(まるさんかく)」が装いも新たに移転オープン!姫路城の堀のすぐそばにある古民家を借りていて、営業日は木曜日と金曜日の週2日と、第1土曜日です。厳選した食材で作られたモーニングやランチメニューのほか、自家製スイーツやドリンクまでカフェメニューが盛りだくさん!築120年の趣ある古民家で、野菜たっぷりの食事や手作りのスイーツをゆっくりと味わいませんか?

週2日営業の「MARUSANKAKU(まるさんかく)」

姫路城のすぐ近くにある材木町の古民家カフェ「MARUSANKAKU(まるさんかく)」。姫路市広畑区蒲田で親しまれていましたが、2020年10月に、町家カフェ「しょうあん」の場所を借りて移転オープンしました。営業日は毎週木・金曜日と第一土曜日の月9回です。

お店は築120年の歴史ある古民家で、座敷とカウンターがあります。座敷には小さなちゃぶ台が並び、昭和にタイムスリップしたかのようで、懐かしさが感じられます。赤ちゃん連れも気兼ねなくのんびりとくつろげそう。

子どものおもちゃや絵本も用意されているので、子連れでも安心して食事を楽しめます。

おひとり様はカウンターで店主と会話を楽しむのも良し、自分だけの静かなカフェタイムを楽しむも良し。たった4席だけのカウンター席は早い者勝ちです。

店内では古着や陶器、お店で使っているオーガニックの食材などの販売も。イチオシは、古民家から発掘された古道具たち。どれも新品なのに、手に取るとその物の歴史を感じるようなどこか古めかしく味があるものばかり。もしかしたらお宝と出合えるかも?!

朝からハッピー♪ちょっぴり贅沢なモーニング


『Bセット』ドリンク代+400円

オープンから10:30分まではモーニングが楽しめます。モーニングは、ドリンク代に+150円の『Aセット(トースト+オムレツ)』と、+400円の『Bセット(トースト+オムレツ+ヨーグルト+サラダ+マリネ野菜・豆料理)』の2種類。

トーストは、姫路で有名な「BAKERY 燈(ランプ)」の厚切り食パンに、たっぷりのバターが塗られたリッチ感抜群!そのまま食べてももちちろんおいしいですが、特製マリネやサラダ、オムレツをトーストの上にのせて、自分好みのオープンサンドを作るのもおすすめです。

『有機アールグレイ』500円

定番の『スペシャルティコーヒー』もおすすめですが、爽やかな朝食を楽しみたいなら『有機アールグレイ』はいかが?オーガニックのものは、アールグレイの香り高さが格別。口いっぱいに広がる香りに癒やされること間違いなしです。紅茶のほか、ココアもオーガニックのものを使っていて、人気があります。

インスタ映えもばっちり!野菜が主役のランチ


『カレーもおかず定食(スープ・ドリンク付)』1,300円

ランチメニューのイチオシは『カレーもおかず定食』。スープは気まぐれで、取材日はカリフラワーのポタージュでした。カリフラワーの甘さや風味を最大限に活(い)かすため、塩を少しきかせたシンプルな味付け。身体を思いやり、スープにも野菜や豆をたっぷり使っています。

ご飯の上にサラダやマリネ、カレー、目玉焼きが乗って、カラフルでボリューミー!カレールーには「但馬どり」の肉そぼろと玉ねぎをふんだんに使っています。数種類のスパイスと生姜、ココナッツミルクをブレンドしたちょっぴりスパイシーで異国情緒あふれる味わい。ルーの生姜に合うように、ライスも生姜と一緒に炊き上げてひと手間プラス。目玉焼きの黄身を絡めればまろやかに、揚げゴボウと食べれば香ばしく、マリネと食べれば味に深みが増します。トッピングで味変も楽しんで!


『ひじきごはんと肉味噌のサラダ丼(みそ汁・ドリンク付)』1,200円

オープン当初から名物として知られている『ひじきごはんと肉味噌のサラダ丼』は、野菜やひじきをたっぷり使っていて栄養満点!主役の野菜は、無農薬野菜や地元で採れたものを使っています。

自家製のマリネは、赤タマネギ、紫キャベツ、ニンジン、豆などを常時数種類用意しています。ひじきご飯の上に、自家製のマリネや揚げ野菜、「雪姫ポーク」の肉味噌そぼろがこんもりと盛られて、見た目から彩り豊かでフォトジェニック!


左『ひじきごはんと肉味噌のサラダ丼』750円 右『カレーもおかず定食』950

ランチメニューはすべて持ち帰りOK。イートインとテイクアウトで値段が異なり、テイクアウトには汁物は付かないのでご注意を。注文が入ってから一つずつ作るため、来店時間が決まっている場合は事前予約がオススメです。


手づくりスイーツで、ほっこりカフェタイムを


『バスクチーズケーキ』350円

定番の自家製ケーキは、エクアドル産のチョコレートをたっぷりと使った『ガトーショコラ』や、どっしりと食べ応え抜群の『バスクチーズケーキ』などがあります。どのスイーツもお店で丁寧に手作りしていて、数に限りがあるので、金曜日には売り切れていることも。スイーツを目当てに来店するなら木曜日がおすすめです。

左『有機アールグレイ』500円 右『いちごマフィン』300円

毎週姫路市の「焼き菓子 kahk(カーカ)」さんのマフィンとタルトも入荷します。人気のものは、木曜日に売切れてしまうものもあるそう。旬の果実や良質な素材を使うのがこだわりで、2~3月はイチゴ。マフィンの中に、イチゴがごろっと入った贅沢な一品です。ラインアップは随時変わるので、毎週通うのが楽しみになりそう。

120年の歴史ある古民家で、朝は贅沢なモーニング、昼は野菜尽くしのランチ、カフェタイムには手作りのスイーツを味わいながら、ゆっくり癒やしのひとときを過ごしてみては。

■詳細情報

■DATA

MARUSANKAKU(マルサンカク)

所在地
兵庫県姫路市材木町9
電話番号
080-8441-3495

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2021年2月18日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

POST

こんな記事を書いて欲しい!ここの特集をして欲しい!
などのご意見、お待ちしております。

TOP