兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2022.4.5
23,903 views

【三木】情緒ある庭が魅力の「Cafe home(カフェ ホーム)」四季折々の風景に癒やされて

三木市大村にある「ガーデンカフェ Cafe home(カフェ ホーム)」は、その名の通り、丁寧に手入れされた庭が1番の魅力。店主自ら造園からメンテナンスまで施す和庭園は、どの席からも楽しむことができます。四季折々の風景を愛でつつ、手作りランチやスイーツを味わい、心安らぐ時間を楽しんで。

「ガーデンカフェ Cafe home(カフェ ホーム)」

三木小野ICから車で5分、三木市大村にある「ガーデンカフェ Cafe home(カフェ ホーム)」。緑あふれるオシャレな一軒家カフェです。店名には、「家に帰ってきたようにくつろいでほしい」という思いが込められていて、幅広い世代のお客さんが絶えず訪れるアットホームなお店です。

観葉植物やDIYした棚など、こだわりのインテリアがたくさん。ブラザーのミシンやオルガンの椅子など、昭和の懐かしいアイテムもあるので探してみて。

1人で気兼ねなく過ごせるカウンター席もあります。目の前の庭を独り占めしているような気分になれそう。時間を忘れてのんびりするのにぴったりです。

信楽焼やキッチン用品などの販売もしています。料理の待ち時間に周りを見渡せば、いろんな発見があるかも。


四季折々の風景が楽しめる和庭園

同店の最大の魅力は、趣たっぷりの庭。日本の原風景をテーマに店主自ら造園し、日々のメンテナンスも欠かしません。庭に合わせて店内のレイアウトも工夫し、どの座席からも眺められるのがうれしいですね。

晴れの日はもちろん、雨の日にも瑞々しい苔が輝き情緒が感じられます。5月頃からは窓を開放し、爽やかな風が吹き抜け、一層自然を肌で感じることができます。新緑、紅葉、積雪など、四季折々の表情を見せてくれるので、いつも新鮮な景色に癒やされること間違いなし。

お手洗いに続く道には裏庭が。細部まで手入れの行き届いた和の情景は心が洗われます。

定期的に寄せ植えのワークショップを開催したり、一般のお客さん向けに庭作りの提案・施工なども行っています。店主は、大阪梅田にある「阪急メンズ大阪」のマンスリーディスプレイを監修した経歴もあり、そのセンスはお墨付き。まずは気軽に相談してみて。

信楽焼の器にも注目!週替りプレートランチ

『今週のごはんプレートランチ』990

ランチは週替りメニューのプレートのみ。メインディッシュ、小鉢2品、雑穀米、漬物、スープが付きます。オリジナルで焼いてもらった信楽焼を使うなど、器からこだわっているそう。

取材日のメインディッシュは、鶏と野菜の黒酢あんかけ。小鉢はポテトサラダと、ひじきの酢の物。シンプルでどこか懐かしい家庭の味です。今週のメニューは公式Instagramでチェックして。➡︎公式Instagramはこちら



こだわりスイーツと炭火ブレンドコーヒー

『モカフレンチトースト』480

カフェタイムに人気のフレンチトーストは、『モカフレンチトースト』と『メープルフレンチトースト』の2種類。『モカフレンチトースト』は、エスプレッソの効いたほろ苦い大人の味。小野市にある「共進牧場」のアイスクリームとチョコレートソースがたっぷりかかっているので、しっかり甘さも感じられます。

『スコーンセット』790円 ※スコーン単品 480

シンプルな材料を使いながらも生地の混ぜ方にこだわり、外はサクッと中はもっちりふんわりなスコーンもおすすめ。6種類のジャムやソースから2種類を選べます。

スイーツはこのほか、『シフォンケーキ』(460円)『ベイクドチーズケーキ』(460円)など豊富にラインアップ。アメリカでよく食べられる、卵不使用のもちもち食感のケーキ『コブラー』もオススメです。

『炭火ブレンド』430

セットのドリンクは、オーダーを聞いてから豆を挽(ひ)くコーヒーがイチオシ。「神戸珈琲」の炭火ブレンドを使用し、炭火焙煎特有の香りと、深いコクがありながらスッキリとした口当たりが特徴です。テイクアウトやコーヒー豆の販売もしているので、自宅や外でもぜひ味わってみて。

■詳細情報

■DATA

ガーデンカフェ Cafe home(カフェ ホーム)

所在地
兵庫県三木市大村323-2
電話番号
0794-82-0606
営業時間
11:00~18:00(L.O.17:00)

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2022年3月27日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP