兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2018.07.15
6,256 views 13 チョイス

【明石】インスタ映えするかわいいマフィン専門店「No123」2号店も登場!

JR明石駅から歩いて10分弱。明石商店街「魚の棚」の近くにある、「No123(ナンバーヒャクニジューサン)」。インスタグラムなどのSNSで写真を見たことがある人も少なくないはず!2号店となる「No123 スタンド」がオープンしたばかりの人気店です。夏季限定のかわいいスイーツもチェックして。

レトロな外観のマフィン専門店

JR明石駅から歩いて10分弱。
明石の食材がそろう「魚の棚(うおんたな)商店街」の路地を入ったところにあります。

外観は少しレトロな雰囲気。焼き立ての甘い香りが漂ってきます。

店の前にある小さな看板が目印。この上にマフィンを乗せて、写真を撮る人が多く見られます。

客席は全部で5席。混んでいるときは、マフィンをテイクアウトして街をぶらぶらしながら食べるのもいいですね。

自家製マフィンへのこだわり

店内に入ると左側にマフィンがずらり。ひとつひとつ丁寧に作っています。

材料には保存料や添加物をなるべく使わないこだわりが。
バターは北海道産の「よつ葉バター」を使用しています。ほんのり甘くて香ばしいバターの風味が味わえるので、プレーンのマフィンは不動の人気です。

もう一つ、オーナーがこだわったところはサイズ感。
日本でよく見かける手のひらサイズのマフィンではなく、一回り大きい本場アメリカのマフィンを提供しています。

『自家製マフィン』 1個 300円

店内に並ぶマフィンのフレーバーは、10~15種類とバラエティ豊富です。

プレーンのほかに、チョコや桃、ラズベリーなどの季節のフルーツを使ったものから、きんぴらごぼうなどの総菜系まで幅広くそろっています。

明石ならではの、イカナゴとモッツァレラチーズマフィンは特に人気です。※3〜4月限定商品

また、スイーツ系に、定番のバナナや季節限定のイチゴやイチジクなどがあります。
夏限定のメニューとして、マンゴーやパイナップルも並べる予定だそうです。

種類が豊富なうえに季節ごとでメニューが変わるので、マフィンを選ぶ時間も楽しいですね。

2018年5月2日オープン!2号店「No123スタンド」

本店から商店街の方へ少し進むと、本店から見える場所にテイクアウト専門の2号店「No123 スタンド」があります。

こちらでは、サンデーやカキ氷などのデザートが楽しめます。
本店から好きなマフィンを選んで、オリジナルのマフィンサンデーを作ることもできますよ。

デザート以外にも、コーヒーや紅茶などの定番メニューもそろっているので、おしゃれなテイクアウト用カップを片手に明石を散策するのも楽しい♪

少しお酒も楽しみたい人には、『ハイボール』500円 もあります。

インスタ映え間違いなし!おすすめスイーツメニュー

『コーヒーゼリー』450円(左)
『マフィンサンデー』500円(右)

マフィン1個と、バニラアイスやホイップクリームが入ったマフィンサンデーは、+200円で本店から好きなマフィンを選ぶことができます。

もちろん店内のショーケースにあるマフィンから選んでもOK。
コーヒーゼリーは、牛乳、バニラアイス、練乳も入っていて、飲むデザート感覚で楽しめます。

お店の看板や、おしゃれにペインティングされたドラム缶などをバックに、ステキな写真を撮ってみましょう。インスタ映えすること間違いなし!

夏季限定!キュートなしろくまカキ氷

夏季限定!『白くまくんカキ氷』500円

子どもはもちろん、大人でもキュンとしてしまうほどのかわいさ!

暑い季節にピッタリのひんやりスイーツです。
カキ氷に練乳とハチミツの特製シロップ、バニラアイス、クッキーをシロクマに見たててかわいく盛りつけ。

食べるのがもったいなくなってしまいますね。

■詳細情報

■DATA

No123 & No123スタンド

所在地
兵庫県明石市本町1丁目4-15
電話番号
078-911-3361
営業時間
10:00~17:00

掲載内容は2018年5月20日時点の情報です。最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

POST

こんな記事を書いて欲しい!ここの特集をして欲しい!
などのご意見、お待ちしております。

TOP