兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2022.4.8
20,896 views

【姫路】駄菓子屋カフェ「kyan cafe」がオープン!日替わりランチやスイーツが人気♪

姫路市花田町にオープンした「kyan cafe(キャンカフェ)」は、母娘3人で営むアットホームなカフェ。モーニング、ランチ、スイーツと、時間帯によってさまざまなメニューを提供しています。子どもも大人も楽しめる、昔懐かしい数々の駄菓子も要チェック。

駄菓子屋カフェ「kyan cafe(キャンカフェ)」

国道372号沿いに店を構える、ちょっぴり珍しいスタイルの駄菓子屋カフェ「kyan cafe(キャンカフェ)」。家族で気軽に立ち寄れる場所を提供したいと、母娘3人で2022年3月5日にオープンしました。店名の「kyan」は、家族の名前の頭文字を取って名付けたそう。レンガ造りのクラシックな建物を目印に訪れて。

店内にはテーブルがゆったりと配置され、奥にはソファ席もあります。ベビーカーでの入店もでき、子連れでも気兼ねなく食事を楽しめます。

ひときわ目を引くのが駄菓子のコーナー。「うまい棒」や「キャベツ太郎」などの昔懐かしい定番のものから、大人があっと驚く最新のものまで、約80種類を取りそろえています。買い物だけの利用もでき、近所の小学生がお小遣いを片手に訪れる姿も珍しくないそう。大人も童心に返り、子どもと一緒にワクワクできる空間になっています。


選んで楽しい!種類豊富なモーニング

『ちょっぴり贅沢トーストセット』ドリンク代+200

モーニングはゆったり11:30までオーダーOK。ドリンク代にプラス200円でオーダーできる『ちょっぴり贅沢トーストセット』は4種類からチョイスできます。食パンは「YAMADA STORE」内のベーカリーショップ「くり〜夢」から取り寄せ。北海道産小麦を使用した、シンプルな材料だけで作る無添加の食パンです。

1番人気の「自家製アーモンドバター」は、甘じょっぱさがクセになるアーモンドバターがたっぷり。ローストした香ばしいアーモンドの食感がアクセントになっています。ほんのり甘みのある食パンによくマッチする味わいです。

『アーモンドオレ』500

アーモンド好きなら、濃厚な風味がやみつきになる『アーモンドオレ』を合わせて、とことんアーモンド尽くしにしてみるのもGOOD。ホイップもたっぷりで、まるでスイーツを飲んでいるような贅沢なドリンクです。

このほか、ドリンク代だけで楽しめるお得な『トーストセット』や、加古川市の「オクノ」の卵と、姫路市家島町産の「坊勢(ぼうぜ)のり」を使用した『たまごかけご飯セット』(400円)など、豊富なラインアップで毎日通いたくなるメニューばかりです。

ボリューム満点!日替わりランチ

『kyanランチ』800

2種類の日替わりメニューからメイン料理を選べる『kyanランチ』。副菜3種、サラダ、ごはん、漬物、みそ汁がセットになっています。お腹いっぱい食べられて800円はコスパ抜群。

取材日のメイン料理は「唐揚げ」をチョイス。ニンニクを利かせた醤油ベースの下味にしっかりと漬け込んだパンチのある味わいで、カリッとジューシー。食べ応えがあり、ごはんが進む一品です。

彩り豊かな副菜も日替わりで、取材日は「ポテトサラダ」、「鮭の塩焼き」、「ホウレン草のごま和え」が登場。旬の食材を使用した家庭料理で、さまざまな味付けをバランス良く食べられる献立になっています。

このほか、複数のスパイスとベシャメルソースが絶妙な『カレードリア』(700円)や、オムライスorカレーから選べる『お子様ランチ』(500円)などもあります。

食後には、姫路の老舗「播磨屋茶舗」の温かい煎茶も用意しています。適度な渋みがありながら、スッキリとした後味が特徴。食後の余韻をゆっくり楽しみたい人は気軽に声掛けを。



自家製スイーツやこだわりドリンクも

『クロッフル(ミックスベリー)』600

カフェタイムには、クロワッサン生地で焼くワッフル『クロッフル』を。香ばしいバターの風味が広がる、カリッとした食感が魅力のスイーツです。数種類の甘酸っぱいベリーと濃厚なアイスクリームの組み合わせは、見た目も華やかな王道の組み合わせ。フレーバーは和洋合わせて全部で6種類あります。

『生ガトーショコラ』500

ビターチョコレートとミルクチョコレートを配合し、ねっとり濃厚に仕上げた『生ガトーショコラ』もおすすめ。しっかりした甘さの中に、上品なほろ苦さも感じられます。「たべっ子どうぶつ」のビスケットが飾られているのは、駄菓子屋カフェならでは。

『蜂蜜紅茶』400

地元情報誌の元ライターという経歴をもつ長女が厳選した、こだわりのドリンクにも注目です。神戸市の古民家カフェ「はちみつ茶葉園」から取り寄せる『蜂蜜紅茶』は、砂糖を入れなくてもしっかり甘いのが特徴。香り高いスリランカ産の茶葉と、国産の「百花蜜」で作られた蜂蜜パウダーが調和し、奥深く優しい甘みを感じられます。

このほか、神戸市のスペシャルティコーヒー自家焙煎所「LANDMADE(ランドメイド)」から取り寄せる『コーヒー』(450円)も。華やかな香りとフルーティな味わいが特徴で、苦すぎずスッキリとした口当たりです。食後の1杯としてはもちろん、スイーツとの相性も抜群。オーダーを受けてからハンドドリップで1杯ずつ丁寧に淹(い)れてもらえます。

あらゆるシーンで利用できる駄菓子屋カフェ「kyan cafe」。食事はどれもボリューミーかつリースナブルで、そのサービス精神に惚れ込み通うリピーターも多いそう。ファミリーや友人同士で、気軽に訪れてみては?

■詳細情報

■DATA

kyan cafe(キャンカフェ)

所在地
兵庫県姫路市花田町小川756-1
電話番号
079-280-4445
営業時間
モーニング / 9:00~11:30
ランチ / 11:00~14:30
カフェ / 13:00~16:30
駄菓子販売 / 9:00~17:00

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2022年3月31日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP