兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2021.07.04
14,552 views

【加古川】土日営業のキッチンカー「母とむすめ」開店30分で完売の幻のコッペパンサンドとは?

加古川志方で、土日だけ営業している噂のキッチンカーを知っていますか?その正体は、コッペパンサンド専門店「母とむすめ」。2021年3月13日にオープンしてすぐに各メディアで取り上げられ一躍有名に。パンから中に挟む具材までこだわりがいっぱい詰まったコッペパンサンドは早ければ30分で売り切れることもあるんだそう。そんな見かけるのも難しい“幻のコッペパンサンド”を紹介します。

コッペパンサンド専門のキッチンカー「母とむすめ」

2021年3月13日にコッペパンサンド専門店「母とむすめ」がオープン。毎週土日、加古川市志方エリアのどこかで、キッチンカーでコッペパンサンドを販売しています。店名の通り、明るく気さくなお母さんと美人三姉妹で作ったお店。おいしいコッペパンと元気をもらえるような明るい人柄にリピーターも多く、開店2時間前から列ができ始め、最短30分で売り切れることもあるんだそう。

パンから具材、ソースまですべてにこだわりが。コッペパンは播磨町のパン屋「ブランカブランカ」に3種類特注し、挟む具材などで使い分けています。肉やメンチカツなどの揚げ物は、地元の「大福精肉店」で買い付け。小さい子どもからお年寄りまで誰もが安心して食べられるように、材料ひとつひとつにこだわり、親娘4人で心を込めて手作りしています。

最短売切れ30分?!人気ベスト3

3位『チキンカツのコッペパンサンド』450円

「大福精肉店」名物のチキンカツをサンドした『チキンカツのコッペパンサンド』。チキンカツは約15cmのビッグサイズ!パンにはケチャップとマヨネーズを塗り、チキンカツにはオリジナルブレンドソースがたっぷりかかった、こってり甘辛い味わいがやみつきになりそう。香ばしいゴマの香りとぷちんとした食感も楽しんで。

2位『ハムチーズ卵のコッペパンサンド』430円

サンドイッチの王道『ハムチーズ卵のコッペパンサンド』。ハム、キュウリ、チーズ、レタス、タマゴというシンプルな材料ですが、シンプルだからこそ材料にこだわり、黄身が大きい「日本一のこだわり卵」を使用。さらに、ハムは厚切りのものを選び、チーズはコクのあるチェダーチーズを使っています。そのまま食べてもおいしいですが、冷蔵庫でよく冷やして食べると、味が締まってさらにおいしさがアップしますよ。

1位『国産牛ヘレのコッペパンサンド』

厚切り国産牛ヘレカツが4切れも挟まれ、晩ごはんにもなりそうな食べ応えのある一品。主役の国産牛ヘレカツは、大きな塊で買い付けし、カットから衣付け、揚げるまで自分たちでしているのがこだわり。牛ヘレ肉は脂身が少ないので、厚切りでもあっさりとしていて、噛めば噛むほど肉のうまみが広がります。コッペパンは、肉のうまみに負けない風味豊かな“玄米コッペパン”を使用しています。フリルレタス、パプリカ、紫キャベツのおいしそうなビタミンカラーの見た目と、加古川かつめしをイメージした自家製デミグラスソースのおいしさが食欲をかきたてます。

月替わりの丸コッペサンドも

『てりたまのコッペパンサンド』500円

ハンバーガーのような感覚で食べられる“丸コッペ”を使ったコッペパンサンドも。丸コッペパンサンドは月替わりで内容が変わる期間限定メニューです。取材日は、肉厚のジューシーな鶏もも肉の照り焼きの上に、「日本一のこだわり卵」で作ったタマゴサラダをトッピングした『てりたまのコッペパンサンド』。7月は、国産牛を甘辛く炒めた『プルコギのコッペパンサンド』やオシャレなデリ風『かぼちゃとクリームチーズのコッペパンサンド』が登場します。


あればラッキー♪本気の『揚げパン』

『揚げパン(左きなこ、右シュガー)』各100円

たまに登場する『揚げパン』は、見つけたらゲットしたい一品。給食で食べたあの味を思い出す見た目ですが、「母とむすめ」の『揚げパン』を一口食べると「揚げパン=油っぽい」という概念をくつがえされるはず。『揚げパン』用の特注パンは、少し小ぶりなサイズと、ほんのり甘くもっちりとした食感が特徴。揚げ方にこだわった『揚げパン』は余分な油を吸わず、表面がカラっと、中はふわっとしています。売っていたら揚げたてをぜひ食べてみて。

夏季限定『自家製シロップのソーダ割り』

左から『自家製シロップの炭酸割り(レモン)』400円 『梅ソーダ』450円

5月から夏が終わるまでの期間限定で『自家製シロップの炭酸割り』が味わえます。特に定番のレモンは、1週間でこの大きな瓶に入ったシロップがすべて売り切れるほどの人気ぶり。材料は氷砂糖とレモンのみで、夏バテも吹き飛ぶ甘くて爽やかな味わいです。南高梅が丸ごと1つ入った『梅ソーダ』も6月から新たに登場。梅を潰して味を変えながら召し上がれ。

現在は加古川市を中心に出店していますが、今後は近隣の都市で開催されるイベントにも参加する予定。2021年7月24日と31日の「三田阪急」での出店では、夏の間はお休みしていてオープン当初人気だった『だし巻きサンド』も復活。その他の出店場所は公式インスタグラムをチェックして。

➡︎公式Instagram

■詳細情報

■DATA

母とむすめ

電話番号
090-5466-5545
営業時間
11:00~売切れ次第終了

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2021年6月27日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

POST

こんな記事を書いて欲しい!ここの特集をして欲しい!
などのご意見、お待ちしております。

TOP