100均ダイソーでそろえる防災グッズ!必需品や便利アイテムを幅広く紹介♪防寒・暑さ対策も

お気に入り保存

日本各地で頻繁に起こる自然災害。ニュースで避難生活の様子を見るたびに、「非常用持ち出し袋」を見直す人も多いのでは?必要性を感じつつ、まだ準備していない人にも必見!ダイソーで手に入る防災グッズを紹介します。

目次

「非常用持ち出しグッズ」ダイソーで買い足すメリットは?

地震や大雨、土砂災害などの自然災害に見舞われ、避難する際に貴重品と一緒に持ち出すのが「非常用持ち出し袋」。「避難所で数日間過ごすこと」を念頭に置きながらそれぞれの家族構成に合わせた準備が必要です。

画像は首相官邸が発表している「災害の備えチェックリスト」。家庭で必要な非常用持ち出しグッズがまとめられているので、準備の際にはぜひ参考にして。

MEMO

非常用持ち出し袋のチェックリストは首相官邸のHPからデータがダウンロードできますよ♪

➡︎非常用持ち出し袋のチェックリストはこちら(首相官邸公式HP内)

ダイソーで非常用グッズを買い足すメリットは、出費がおさえられるのはもちろん、それぞれの家族構成に合わせて個数を調整できること。赤ちゃんや女性、高齢者など、人によって必要なものはそれぞれ異なります。災害用持ち出し袋一式のセット購入もできますが、1人分だったり、携帯用ミニトイレが3回分しかなかったりと、結局買い足しが必要になることもあるので、ダイソーで購入できるグッズをチェックしておきましょう!

欲しいものはほぼ手に入る!“衛生用品”

『滅菌ガーゼ・サージカルテープ・くっつく包帯・伸縮包帯・紙せっけん』

衛生用品はほぼダイソーでそろえることができます。災害が起きてから72時間は人命救助活動が最優先されるので、避難所に十分な救援物資があるとは限りません。小さな傷やケガは自分でもある程度応急処置できるように、ガーゼや包帯があると安心です。

『軽失禁パッド・コンパクトタオル・アルミ保温ブランケット・ボディーシート
マスク・使い捨てショーツ・靴下・コットンショーツ』

地震で水道が使えなくなったり、水害で下水が逆流した時に困るのがトイレ。避難所のトイレには長い行列ができていたり、慣れない環境下でのストレスでお腹の調子が良くないことも。

MEMO

画像右下のような携帯ミニトイレは1枚110円。子ども用には4枚110円の『失禁パッド』を使って“マイトイレ”を作ることもできます。ゴミ袋をかぶせた箱にパッドをしきつめればOK!

持ち運びに便利な『コンパクトタオル』は水につけて戻します。レギュラーサイズのタオルは21cm×26cmの大きさに。何枚も持ち歩くとかさばるタオルですが、圧縮されてコンパクトなので災害時にぴったりです。

触った感触はタオルというより分厚いキッチンタオルに近いので、普通のタオルも1枚あると安心です。

絶対必要!“照明・充電”

『LED付ミニ着火ライター・非常用ローソク・ローソク・ライター・マッチ・電池』

LEDライトがついたミニ着火ライターは手元を照らしてくれるので、停電で真っ暗な中でも便利。ローソクは普通のローソクのほか、12時間燃え続ける『非常用ローソク』も購入しました。

リュックにつけられるコンパクトな『LEDライト』。画像右側は防災用ホイッスル付きです。絶縁体の紙を抜いて、すぐ使える状態にしておきます。替え用電池のストックも忘れずに。

MEMO

『防災用ホイッスル付ライト』はベッドサイドに常備するのもおすすめ。少しの息で高く大きな音が出るので、体力を消耗して大きな声を出せない状況でも、自分の存在を知らせて助けを呼ぶことができます。

『手動発電2LEDライト』

持ち歩ける電池の本数には限りがあるので、電池がなくても発電できる手動発電タイプのライトがあると安心。点灯方法は、内蔵電池か手動発電の2通り。手動発電は、発電グリップを“握る→戻す”を繰り返してライトを点灯させます。

緊急連絡手段としていつでも使える状態にしておきたいスマホ。充電グッズは必需品です。画像左側のACアダプターは2ポート差し込み口があり、急速充電に対応しているのがポイント。

MEMO

『車用シガープラグ』や『USBシガー充電器』があれば、車のシガーソケットからの充電も可能。対応車種を確認して、1つ車に常備しておくと良いですね!

あると快適!“防寒・暑さ対策”

『緊急簡易ブランケット・アルミ保温ブランケット・ハンディ扇風機・
サウナスーツ(330円)』

避難所によっては、空調設備が整っていない場合もあるので、防寒や暑さ対策は必須。

『緊急簡易ブランケット』は、外気の温度変化や雨風から身体を守ってくれるので、暑さ・寒さ対策どちらにも使用できる優れもの。

右下の『サウナスーツ』は災害用ではありませんが、ジャケットとパンツに分かれていて気密性が高く、防寒対策に使えます。

暑さ対策には手動タイプの『ハンディ扇風機』や『扇子』、水に濡らして首にかける『クールスカーフ』、叩くと冷える保冷剤『瞬間冷却パック』がおすすめ。

MEMO

『サウナスーツ』の効果的な使用方法は服の下に着込むこと。『サウナスーツ』の代わりに『雨ガッパ』でも代用可能!自衛隊では防寒対策として迷彩服の下に雨ガッパを着るそう。

食料はローリングストックしよう!

水を入れるだけで食べられるアルファ米や、長期保存ができる非常食は一般的に割高なのがマイナスポイント。そこでオススメなのが“ローリングストック”という方法です。比較的保存がきくカップラーメンや缶詰を少し多めに買い置きして、日常生活で消費しながら一定量の保存食を自宅に確保しておくだけなので、特別な準備は必要ありません。

ダイソーにはアルファ米や乾パンなどの代表的な非常食はありませんが、『温めずに食べられるカレー職人』は常備用で5年間長期保存ができます。パッケージ裏面には“賞味期限お知らせシステム”のQRコードがあるので、スマホで登録しておくと賞味期限切れにならず安心。

MEMO

非常食としての氷砂糖は優秀。長期保存が可能で、炭水化物100%なのでカロリーの吸収が早く、疲労回復にも効果的。唾液の分泌を促進し喉の渇きをうるおします。

『メスティン(550円)・固形燃料・燃料用五徳・折りたたみコップ・カレー皿・割りばし・ラップ』

ソロキャンプブームで一気にその人気に火がついた『メスティン』。熱伝導が高いアルミ製の調理器具なので、五徳と固形燃料さえあれば、ガスコンロや鍋がなくても温かい食事が食べられます。炊飯以外に、ラーメン、パスタ、煮込み料理など、あらゆる調理が楽しめます。かさばりがちなコップは『折りたたみコップ』がオススメ。

『アウトドアウォーターバッグ・ウォータータンク10L(330円)・ウォータータンク20L(440円)』

人が生きるためには1日最低3リットルの水が必要と言われています。

飲料水や生活用水の確保に必要なウォータータンクはコンパクトに収納できるタイプのものを。ウォーターバッグはスリムなのにマチ付きで3.9リットルも容量があります。

20リットルのタンクが便利ですが、自分で持ち運べる容量のものを選んで。

あると便利な重宝グッズ

『携帯ゴミ袋ケース・折りたたみリュック(330円)・サンダル(165円)』

リュックやバッグに付けられる『携帯ゴミ袋ケース』や、荷物が増えたときに重宝する『折りたたみリュック』、『サンダル』もダイソーで手に入ります。

『エマージェンシーシェルター(880円)』

屋外避難時に直射日光や冷えから身を守る『エマージェンシーシェルター』。ペットがいたり赤ちゃんがいて避難所に行きづらいという家庭は、備えておきたいアイテム。避難所でのプライバシー確保にも役立ちます。

女性の備え

チェックリストの4/5項目のアイテムがダイソーで手に入ります。「避難所で配給されたのは小さなナプキン1つだけだった…」という人もいるそう。ペットがいるご近所さんにペットシーツを分けてもらって代用したという体験談もあり、必ず備えておきたいアイテムです。

赤ちゃんや子どもの備え

ヘッドライトなら両手が使えるので、夜中に赤ちゃんのオムツ替えをする時にも便利。お尻ふきは長期保管していると乾燥している場合があるので、ローリングストック法で順次新しいものに入れ替えしながら使用するのがベストです。

高齢者の備え

『杖』は165円で手に入ります。74cmから84cmまで、2cm刻みで長さの異なる6種類のものがそろっています。

入れ歯グッズも洗浄ブラシ付きの『入れ歯保管ケース』や、『入れ歯洗浄剤』、『入れ歯カップ』などがあります。

100均以外でそろえるべきもの

リュック、ヘルメット、折りたたみ式非常用ソーラーチャージャー、長期保存がきくアルファ米や乾パンなど、100円ショップで手に入らないものはネットショッピングやホームセンターで追加購入がおすすめです。

リュックはダイソーにもありますが、強度、収納力、防水の観点からあまりおすすめできません。旅行で使うリュックを「災害用持ち出しリュック」として使用するのも手。旅行で使うときは災害用グッズを別のトートバッグに移すだけなのでラクラクです。

MEMO

リュックが完全防水でなければ、中のグッズは全てストックバッグに入れるのがオススメ!ダイソーには、リュック自体にカバーをかぶせる防水加工の『リュックカバー』もあります。

いつ起こるか予測がつかない自然災害。その発生頻度も年々増えています。「災害用持ち出し袋の準備がまだ…」という人は登山用や大容量のリュックを利用して、100円ショップで必要なアイテムをそろえ始めては?

今回紹介した一部商品の詳細は、インスタグラムなどで活躍するkonbaさんのアカウントでも紹介中!気になったらチェックしてみて。➡︎@konba_yui

【関連記事はこちら】

内容は2021年4月26日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する