知って賢く活用しよう グリーン住宅ポイント制度【2021年度】

お気に入り保存

コロナ禍で家時間が多くなったことをきっかけに、住まいを見直す人が増えています。まさに今、新築や建て替え、古くなった部分のリフォームを検討中の家族もいるのではないでしょうか。そんな思いを後押ししてくれるのが、国の新たな支援策「グリーン住宅ポイント制度」です。どのような制度なのか見ていきましょう。

目次

グリーン住宅ポイント制度って何?

グリーン住宅ポイント制度は、耐震性や省エネ性など一定の性能を持つ住宅の新築やリフォームに対してポイントが発行され、さまざまな商品や追加工事に交換できる制度です。性能に優れた家づくりを支援し、コロナ禍で落ち込んだ住宅需要を回復させる目的で始まりました。

対象と発行ポイント数について

対象となるのは、以下のような要件を満たしている場合です。発行ポイント数はそれぞれ異なりますが、新築では最大40万円相当のポイントを付与三世代同居仕様の住宅といった特例では、最大100万円相当までポイントが引き上げられます。各発行ポイントの詳細や特例については、グリーン住宅ポイント事務局のホームページを確認してください。
➡︎公式ホームページはこちら

対象 要件 ポイント数
新築住宅の建築・購入

1)以下のいずれかに該当するもの
・認定長期優良住宅
・認定低炭素建築物
・性能向上計画認定住宅
・ZEH

2) 断熱等級4かつ一次エネ等級4以上を満たす住宅

30万〜100万ポイント/戸
(特例の場合を含む)

既存住宅の購入
(2019年12月14日以前に建築された住宅に限る)

以下のいずれかに該当するもの
・空き家バンク登録住宅
・東京圏の対象地域からの移住のための住宅
・災害リスクが高い区域からの移住のための住宅
・住宅の除却に伴い購入する住宅

15万〜45万ポイント/戸
リフォーム工事

1)断熱改修またはエコ住宅設備(必須)

2)耐震改修、バリアフリー改修、リフォーム瑕疵(かし)保険等への加入(任意)

上限60万ポイント/戸
(特例の場合を含む)

ポイントで何がもらえるの?

ポイントで交換きるのは、「新たな日常」「環境」「安全・安心」「健康長寿・高齢者対応」「子育て支援、働き方改革」「地域振興」に関する商品です。家具や家電、マスクや消毒液といった感染予防用品、ご当地グルメなどジャンルは幅広く、数万点におよぶ品ぞろえ。商品は随時追加・変更される予定です。

また、「新たな日常」や「防災」に対応した追加工事に充てることもできます例えば、ワークスペースの設置や空気環境向上のための工事などがあります。

事務局のホームページ内では商品が検索でき、保有しているポイントは分けて使うことも可能なので、欲しいものをリストアップし有効に活用しましょう。

制度を利用する際の注意点

ポイント発行を申請するのは、基本的に建設工事の発注者などの業者です。依頼主は書類の準備などを一緒に進めていきます。申請は工事完了後に行うことになりますが、工事完了前の申請が可能なケースもあります。その場合、工事完了後の報告は必須となり、報告しなければ利用済みポイントを返金しなければならないので注意しましょう。

今年度の申請受付はすでにスタートし、締め切りは20211031日までとなっています。だたし、予算の状況によっては早く締め切られることもあります。商品交換の有効期限は2022115日までで、期限を過ぎるとポイントは失効となるので気を付けましょう。

併用できる補助制度について

グリーン住宅ポイント制度は原則的に補助対象が重なる国の補助制度との併用ができません。けれども、新築住宅と既存住宅の購入については、一部併用が許されている補助制度もあります

新築住宅の建築・購入 既存住宅の購入
住まいの復興給付金※1 併用可 併用可
すまい給付金 併用可 併用可
外構部の木質化対策支援事業※2 併用可 併用不可

※1 東日本大震災被災者の住宅再取得や被災した住宅補修にかかる消費税の増税分相当(8%の場合は3%分、10%の場合は5%分)を給付する制度
※2 フェンスやデッキなど外構の施工に合法伐採木材を使用する場合、条件に応じて一定の金額が助成される制度

外構部の木質化対策支援事業はリフォーム工事でも併用できます。ただし、グリーン住宅ポイント制度と他の補助制度で請負工事契約が別の場合に限ります。

補助制度を上手に組み合わせることで、お得感をよりアップさせることができそうですね。

【まとめ】スケジュールにゆとりを持って申請を

グリーン住宅ポイント制度は、住まいを購入予定の人やリフォームを計画中の人にとって魅力的な制度です。けれども、制度の内容が変更になったり、予告なしに終了したりすることもあるので、事務局のホームページをこまめにチェックするようにしてください。申請の際はスケジュールにゆとりを持って行いましょう。

【関連記事はこちら】

内容は2021年5月27日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する