地元の工務店で家を建てる4つのメリットを紹介!費用や自由度、ハウスメーカーとの比較も

お気に入り保存

家づくりを始める前にまず迷うのは、ハウスメーカーと工務店のどちらに依頼するかではないでしょうか。「大手ハウスメーカーは高そう。かといって一生に一度の買い物を工務店に任せて大丈夫かなぁ」と心配する声も聞こえてきます。工務店と言っても業態や規模はさまざま。ここでは、地域密着型の工務店で家を建てるメリットを4つ紹介します。

目次

設計の自由度が高く、希望を取り入れてもらいやすい

工務店では土地の特徴や予算などに合わせて間取りやデザインを自由に設計できるのが魅力です。依頼主の細かな要望にも耳を傾け、できる限り設計プランに反映してくれるので、完成時の満足度も高くなるでしょう。パーツ選びなど、担当者と相談しながら進めていく過程では、一緒に家を作り上げるおもしろさも味わえます。

自然木など素材にこだわった家が建てられる

「体や環境に優しい家」は人気のキーワード。漆喰や国産の無垢材といった素材にこだわる工務店も数多くあります。兵庫県では県産木材を積極的に使用し家づくりを行う工務店を「ひょうご木の匠」として応援。木の家に憧れる人は公式サイトを参考にしてみて。➡︎ひょうご木の匠 公式サイトはこちら

大手ハウスメーカーより費用を安くできる

工務店に依頼すると、大手ハウスメーカーより費用を抑えることが可能です。展示場の維持費や広告宣伝費などが建築費に上乗せされず、さらに中間費用をカットできるのが大きな理由です。大手ハウスメーカーに依頼しても、結局工事を担当するのは地元の工務店。ということは、直接工務店に頼んだほうが余分な費用を削減できるというわけです。

地域の特性を生かした家づくりが得意

長く地元に根差して活動している工務店は、地域の事情にも精通しています。気候風土や周辺の生活環境を熟知し、家づくりに取り入れてくれるでしょう。播磨には昔ながらの地域のしきたりが残っているところもあります。なじみのない地に移り住む時は、事前に工務店の人にリサーチしておくと、環境に早く溶け込めるかもしれませんね。

【まとめ】安くオリジナルの家を建てるなら地元工務店

低予算で個性あふれる家を求めるなら工務店を選ぶほうがいいと言えるでしょう。紹介したほかにもまだまだメリットはありますが、一方で技術やサービスに差があるのも事実。評判を聞いたり完成見学会に足を運んだりして、自分に合う工務店を選びましょう。

「tanosumu」では、姫路・加古川周辺の地元工務店を多数掲載しています!気になったらぜひチェックして。
➡︎姫路・加古川周辺の工務店一覧はこちら

内容は2021年4月1日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。