小さなおうちの大きな幸せ!30坪でも満足な家(T様邸)

お気に入り保存

三角屋根の積み木のようなかわいらしい外観の住まいは、家事動線をスムーズにした間取りを設計。30坪の限られた空間に家族がくつろぐ幸せな時間が流れています。「ひまわり工房」の創造力とアイデアで、施主の夢をかなえた一軒を紹介します。

Profile

建物種別
新築戸建て
家族構成
夫婦2人、子ども2人
延床面積
99.78㎡(30.18坪)
敷地面積
136.26㎡(41.21坪)
構造・工法
木造在来軸組工法
施工年月
2019年5月
坪単価
55万円
施工会社
ひまわり工房

目次

こだわりポイント

1.プライベートを大切にしたシンプルモダンな外観

住宅密集地にあるTさん邸。プライベートを大切にしたいと、生活感が分からないようにシンプルモダンなホワイトの外観です。三角屋根を小さくかたどった玄関口が、かわいらしいですね。

2階のバルコニーは、腰壁を通常よりやや高めにすることで、洗濯物を干しても、外からの視線はさほど気になりません。防犯にもつながるメリットがあります。

2.家族との心地よい距離感

Tさんが何よりこだわったのは、「家族と過ごす時間」。キッチンの対面にはダイニングテーブル。料理をしながら家族の様子が見える、程よい距離が安心感を与えてくれます。家事もスムーズにはかどりそうですね。

また、キッチンカウンターには、カトラリー置き場にも使える小さなニッチ(壁面収納)を設けてスペースを有効活用できます。

清潔感のあるホワイトでまとめたキッチン。

水回りの後ろは、タイル調のアクセントクロス。「ひまわり工房」の提案で、汚れてもサッと拭くだけの掃除が楽になるクロスを選びました。

天井近くの小窓は、採光を取り入れる役割もあり、換気する際にも便利。

3.“ラク家事動線”で毎日が快適!

家事のムダを省くと、思いのほか家事は楽しく、家族との時間はさらに充実するものです。

Tさん邸は、キッチンから「ファミリークローク」(家事準備室)、脱衣所まで一直線!

このファミリークロークは、いわば納戸(なんど)のようなもの。日当たりも良いので、洗濯物も干せて、乾けばその場でたたんで収納することもできます。例えば、急な来客時。隠したいものをサッとここに持ってくることもでき、「リビングが片付いてすっきり!」とTさんにも好評のスペースです。

既製品にはない「シンプルミニマルなデザインが好き」という奥さんのリクエストで造作した洗面所。家族2人が並んで使えるよう、幅90cmを確保しています。水を弾きやすく、水拭きしやすい塗料で仕上げています。

4.木のぬくもり感じるナチュラルな空間

キッチンとひとつながりになったような、ナチュラルな雰囲気のリビング。 

写真左側に見えるのは、ごろ寝ができる2.3帖の畳コーナー。変色しにくい樹脂配合の和紙畳で、上品なグレージュカラーでフローリングとなじんでいます。

また、畳コーナーの一角に造られたロールスクリーンで目隠しできる2wayの収納は、棚板の高さを調整できる可動式。ダイニングには別の素材の同じ棚が設置されています。収納だけでなく、子どもの手が届かない位置に兜(かぶと)やひな人形を飾ることもできるので重宝されています。棚板を一枚にすれば、テーブルとしても使える優れものです。

明るい雰囲気のすっきりとした子ども部屋。アクセントクロスには、娘さんが気に入った「ペールブルー」という飽きのこないカラーを採用。集中力を高め、空間を広く感じさせる効果もあるとか。お気に入りがあると、子どもの満足感も高まりますね。

Tさん邸のメイン床材はクリ材で、木目の表情豊かな「浮創り(うづくり)」仕上げ。すべりにくく、木目のぼこぼことした感触が、足裏にフィットする心地良さがあります。

5.限られた空間を創意工夫で有効に

限られた空間だからこそ、「ひまわり工房」のアイデアと設計力が発揮されています。デッドスペースに設けたニッチはその一つ。

玄関ホールのニッチは、上は飾り棚として、下はスリッパ置き場としても“使える”スペースです。

階段下を利用して作ったトイレには、トイレットペーパーなどを取り出しやすい位置に収納ニッチを設置。また、北欧のテキスタイルブランド「FINLAYSON」のアクセントクロスで、広く感じさせてくれます。狭い空間だからこそ、個性的なクロスにもチャレンジしやすい場所です。

【まとめ】小さな家もアイデア次第で暮らしは豊かに!

家族との豊かな時間は、家の大きさで決まるものではありません。家族の思いに設計士のアイデアがプラスされると、暮らしは何倍も楽しくなる!そう思わせてくれる住まいづくり。壁紙や床材のデザインで部屋の雰囲気も大きく変えることができます。参考にしてみて。

■施工会社の詳細情報

ひまわり工房

設計士とつくる快適な住まい
暮らしのアイデア設計は一生もの

この記事をお気に入りに保存する