暮らしが楽しい“帰りたくなるおうち”(K様邸)

お気に入り保存

設計士のアイデアと設計力で、施主の理想や思いをカタチにしたマイホーム。細長い31坪の敷地など環境条件をクリアした好例です。

Profile

建物種別
新築戸建て
家族構成
夫婦2人、子ども1人
延床面積
104.15㎡(31.50坪)
敷地面積
165.61㎡(50.09坪)
構造・工法
木造在来軸組工法
施工年月
2018年4月
坪単価
55万円
施工会社
ひまわり工房

目次

こだわりポイント

1.太陽光たっぷり、明るい雰囲気

家づくりは、土地の形状によって建物の位置が限られることも多いですよね。

Kさん宅では、玄関までのアプローチの長さをうまく利用して植栽。また、「吹き抜け」を提案し、採光をたっぷり取り入れ、“帰りたくなるおうち”をカタチにしました。

住み始めてからも、子どもが元気に走り回って楽しんでいるそう。

2.家族の成長と共に楽しむ快適空間

吹き抜けによって、1階まで日差しがたっぷり注ぎ込む明るい雰囲気のリビング。

部屋にはご主人の希望で、木質ペレットを燃料とする暖房機器「ペレットストーブ」を設置。吹き抜けのおかげで温かな空気も循環し、冬場はこのストーブ1台で家中ぽかぽか。年中、家族みんなが裸足で過ごすほど快適だそう。やわらかなスギ材の床なので、なおさら気持ちよさそうですね。

スギ材は、傷がつきやすいとも言われますが、Kさんは「成長の証」と言って、子どもの成長と共に経年変化を楽しんでいます。

3.キッチン、バスルームが近くて家事もラクラク

キッチン台はなんと、実家に眠っていた古道具ダンスをリメイク!シンクの後ろ側に設置して、お皿を収納したり、料理の一時置きにしたりと大活躍です。幅約2mのタンスと壁のサイズがぴったり合うのも、自由設計のメリットの一つ。形を変えて親子2代で使うインテリアはすてきですね。

シンクの上の吊り戸棚にはグリーンを飾るそう。ナチュラルなコーディネートに癒やされます。

バスルームやレストルームは、キッチンのすぐ隣に。人目につかないよう配慮しながら、家事動線はスムーズです。

4.生活のムダを省いた31坪のコンパクトハウス

買い物から帰ってきて、靴を脱いだり、扉を開けたり、という生活のちょっとした動作の時短を考えた玄関ホール。

シューズボックスはオープンにし、ブラインドを設置し、ホールにある収納ものれんで目隠し。見せる収納にも、隠したい時にも手軽にチェンジできます。

たとえ両手が買い物袋でふさがっていても、そのままキッチンへ直行できるのがうれしいですね。

5.楽しめるスキップフロアと自由度が高い暮らし

間取りの自由度が高いスペースを設けた、スキップフロアのあるナチュラルな雰囲気の2階。

吹き抜け部分を囲むアイアンの手すりに沿って回遊する通路は、風通しをさらに良くするすのこ状。階下が見えて、子どもが大喜びだそう!

乾きにくい洗濯物を室内に干せるよう、サンルームを設計。乾いたらハンガーのまま収納できて、家事も楽しくなったとか。

【まとめ】アイデア+設計のチカラで理想をかなえる!

快適な暮らしのヒントがたくさん詰まった住まいです。限られた条件下でも理想をカタチにできたのは、「ひまわり工房」のアイデアと設計の力。まさに、自由設計ならではのメリットです。家族みんなが笑顔で過ごす姿が目に浮かびます!

■施工会社の詳細情報

ひまわり工房

設計士とつくる快適な住まい
暮らしのアイデア設計は一生もの

この記事をお気に入りに保存する