タイルの艶美とニュアンスカラーが醸し出す高級感♪暮らしを楽しむ仕掛けも満載(H様邸)

お気に入り保存

毎日のようにゲストが訪れるというH様邸。「何人呼んでもゆとりがある広さと、ゲストも気を使わず楽しめる空間を」というご夫婦の思いを、「TBJインテリアデザイン建築事務所」が巧みな設計でかなえたこだわりあふれる住まいです。注目ポイントは、イタリアのタイルやキッチンカウンターを取り入れた高級感あふれるインテリア。生活導線の工夫や“隠す収納”もきっと参考になるはずです。

Profile

建物種別
新築戸建て
家族構成
夫婦、子ども2人
延床面積
245.63㎡(74坪)
敷地面積
377.69㎡(114.45坪)
構造・工法
木造軸組在来工法
施工年月
2022年4月
施工会社
TBJインテリアデザイン建築事務所

目次

こだわりポイント

1.見る角度によって印象が変わるモダンな外観

大きなガレージが存在感を放つHさん邸。外壁は淡いグレーとホワイトのツートンカラーで仕上げ、木目カラーのシャッターやダークグレーの壁をアクセントに取り入れたモダンなデザインが特長です。正面から見た外観は、シンプルながらも片流れの屋根がひときわ目を引き、洗練された雰囲気を生み出します。

右手のダークグレーの壁には、イタリア発の新素材タイル「LAMINAM(ラミナム)」を使用。「ラミナム」は、表面強度が石やガラス以上に強く汚れにくい磁器質タイル。独特の色合いや奥行きある表情に思わず引き込まれそう。

西側から見ると正面の印象とは一変、ちょっぴりシャープな雰囲気を醸し出します。変形敷地は上手く生かせば、Hさん邸のように見る角度によって印象ががらりと変わる外観にできるのがポイント。フォルムはなるべく直線的にすることで、シンプルな美しさが映えます。

MEMO

白い壁には光触媒塗料を使用することで、汚れにくくこまめなセルフメンテナンスが不要に。

2.奥さんが一目ぼれしたイタリアの高級キッチン

LDKの中心であり、この家全体のインテリアデザインの軸となっているのがキッチンです。ご夫婦ではるばる東京のショールームまで足を運び、奥さんが一目ぼれして選んだイタリアのキッチンメーカー「Veneta Cucine(ヴェネタクッチーネ)」のカウンターキッチンを採用。“キッチンは家具”という概念に基づきイタリア人の研ぎ澄まされた感性でデザインされたカウンターキッチンは、息をのむほどの美しさがあります。

左右どちらからでもキッチンとダイニングを行き来できるので、家事動線が抜群。壁の裏にはスイッチなどのコントロールパネルをまとめたスイッチニッチを付けるアイデアも奥さんが提案したそう。

ゲストを招いて手作りの料理を振る舞う機会が多いHさん邸では、特にキッチンの広さと使いやすさを重視。あえてコンロは調理がしやすいIHと魚焼きグリルが付いた国内メーカーのものを、食器乾燥機は「GAGGENAU」のものを採用。さらに、まとめて洗える海外仕様の大容量サイズを選びました。

キッチン背面の壁全体を使った豊富な収納スペースも注目ポイント。さらに、壁面収納の扉の一つがパントリーに続くドアになっているというのにも驚きます。向かって一番右のドアを開ければ、中は1坪弱ほどのパントリーがあり、食材やお酒、ホットプレートなどのかさばる調理家電などを収納することができます。

3.タイルとシャンデリアが艶美を放つLDK

「来てくれたゲストが“汚してしまったらどうしよう”とか“子どもがおもちゃでキズつけてしまわないか”と心配せずに、気兼ねなく楽しんでほしい」というご主人の思いをくみ取り、設計士が提案したのが前面タイル貼りのLDK。丈夫なタイルならおもちゃを落としてもキズつきにくく、クレヨンやジュースで汚れても水で洗い流せるのでHさん邸にぴったりと考えたそう。カラーはキッチンカウンターの雰囲気に合わせて、マットなマーブルベージュをチョイス。上品な艶美を放つラグジュアリーな空間に仕上げました。オーストラリアの人気ブランド「Moooi」のシャンデリアが、空間に一層華やかさときらめきを与えます。

南側一面に窓を設え、中央に外壁と同じ「LAMINAM」のタイルでアクセントをプラス。ベージュやグレーで統一された柔らかい雰囲気をグッと引き締めています。タイルの上に掛けた英国製壁掛け式ガス暖炉のおかげで、冬は寒さ知らずなんだとか。

南側の窓が規格外の大開口サイズということもあり、日射しを遮るシェードにもこだわりが。使っているのは、設計士がイチオシするスイスのファブリックメーカー「creation baumann (クリエーション・バウマン)」のバーチカルブラインド。漏れる光の透明感や美しさが格別です。従来のバーチカルブラインドはスラットの裾もつながっていますが、「creation baumann」のものは裾が独立していて開閉が楽なのもうれしいポイントです。

4.実用性を意識した水回り動線

Hさん一家は娘さんが2人いる4人家族なので、賃貸に住んでいたときは朝に必ず洗面所ラッシュが繰り広げられていたそう。毎朝のストレスを和らげたいと、洗面は2ボウルにし、横に広がりを持たせました。鏡の内側や足下に収納スペースがあるので、洗剤などもたっぷりストックできます。

家事の効率性を重視し、脱衣所にはドイツのプレミアム家電メーカー「Miele」の洗濯機と乾燥機を2台据え置き。その上に乾いた服を畳んだりアイロンが掛けられる台を造作しました。土で汚れた服や靴を洗えるスロップシンクや、収納可能な室内物干しも設置。脱衣室の奥に家族が毎日着る服を収納できる部屋を作り、とことん家事動線にこだわりました。

一日の疲れを癒やすお風呂は大人2人がゆったりと、子どもなら5~6人ほど入れる特大サイズ!シェードで自然光を調整できるので、日中は自然光を浴びながらリフレッシュするも良し、夜は間接照明の温かい光に包まれながら落ち着いてバスタイムを楽しむのも良いですね。

5.2階は木のぬくもりが心地良いナチュラルな雰囲気

2階へと続く階段は、あえてタイル調ではなくウォールナットとゴムの木を組み合わせてナチュラルにしたのも設計士のこだわりポイント。全面タイル貼りはモダンに仕上がる反面、リビングにほしい“居心地の良さ”が足りないというデメリットがあり、そこを木材ならではのぬくもりある風合いでカバーしたそう。さらに、スケルトン階段にすることで開放感も演出しました。

階段を上がるとフランスのアクセントクロスを張ったフリースペースが。階段を上がってすぐの場所に大きな窓を設えることで、2階に風と光を取り込み、家全体の空気も循環するそう。子どもの遊び場や読書スペースなど、さまざまな用途に使えそうですね。

ゲストも利用する1階はラグジュアリーな雰囲気だからこそ、寝室などの家族のプライベートな居室が並ぶ2階は、木を基調としたナチュラルな雰囲気に仕上げました。2階にも独立洗面台やトイレを備えているので、ゲストが泊まりに来た日もお互いに気を使わず過ごせます。

お客様の声

以前から仕事で施工してくれた工務店と縁があり、そのつながりで出会ったHさんご夫婦と「TBJインテリアデザイン建築事務所」。他のハウスメーカーから乗り換えた決め手や「TBJインテリアデザイン建築事務所」だからかなえられたポイントなど、ここだけの話を聞いてみました!

【まとめ】シンプルだからこそ引き立つ色彩感覚や素材感を大切に

どこまでもシンプルを追求したHさん邸。シンプルな中に、ご夫婦と設計士の共通した色彩感覚や素材感を最大限に生かした設計には、何年経っても色あせない美しさが感じられます。デザインはもちろん、暮らしやすい空間設計にも定評がある「TBJインテリアデザイン建築事務所」。建築事務所ならではの柔軟さと専門的な知識を兼ね備えた質の高い自由設計で、“暮らしと思いに寄り添う夢のマイホーム”を手に入れてはいかがでしょうか?

■施工会社の詳細情報

TBJインテリアデザイン建築事務所

受賞歴多数!建築士が手がける
美しいモダンデザインの家

この記事をお気に入りに保存する