セカンドライフを豊かに楽しむ空間デザインが魅力!西あかりの平屋(H様邸)

お気に入り保存

ワンフロアにすべての空間が収まり、効率の良い生活動線とバリアフリーがかなえられる平屋建て。将来を見据えて、世代を問わず平屋を選ぶ人が増加しています。「夫婦でセカンドライフを楽しみたい」と、平屋へ住み替えをしたHさん夫妻。デザイン性と機能性を両立したこだわりの住まいをのぞいてみましょう。

Profile

建物種別
新築戸建て
家族構成
夫婦
延床面積
60.86㎡(18.41坪)
敷地面積
113.53㎡(34.34坪)
構造・工法
木造軸組在来工法
施工年月
2022年3月
坪単価
80万円
価格
1,734万円(外構費用を含む)
施工会社
須々木工務店
間取り
この事例の間取りを見る

目次

こだわりポイント

1.明かりを取り入れたスタイリッシュな佇まい

ブラックのサイディングボードで仕上げたシンプルな外観に、シャープな片流れの屋根が特徴的なHさん邸。夜になると、スタイリッシュな佇まいと建物西側の窓からこぼれるやわらかい明かりが美しく共演します。寝室の窓には木製の目隠しルーバーをつくり、デザイン性と防犯機能の両方を実現。角地ならではの工夫が詰まっています。

リビングから軒へ突き出した登り梁と、温かみのある造作ドアが、シックな住まいにナチュラルなアクセントを加えています。

縦の木目が美しい杉を使用した造作ドアは、木材をふんだんに使ったHさん邸の顔にふさわしいデザイン。ドア横のポストは、室内から郵便物が取り出せるものを採用し利便性も考慮しています。

2.登り梁(ばり)が演出する落ち着きのあるリビング

1日の大半を過ごすリビングは、木材とホワイトの壁で統一したシンプルな空間に。勾配天井へ上り梁を均等に配置することで、コンパクトな住まいに開放感をもたらしています。

意匠を凝らした登り梁に、スポットライトやデザイン性の高いペンダントライトを組み合わせて、落ち着きのある空間に洗練された個性をプラス。フローリングには無垢材のアカマツを使用し、さまざまな木の表情が楽しめるリビングに仕上げています。

大きな窓からたっぷりと自然光が降り注ぎ、日中は穏やかな時間が過ごせそう。

3.家事の合間にそっと四季の移ろいを

桜の木が見える立地を生かし、キッチン横に2つののぞき窓を配置。四季折々の自然を眺めながら家事をすると、毎日の暮らしがより豊かなものになりそうですね。

4.アクセントクロスを生かした空間デザイン

畳スペースとフローリングをミックスしたモダンな空間。異素材を組み合わせることで、1部屋に寝室と書斎の2つの機能を生み出しました。大きく1面に使ったタイル調のクロスが心安らぐ空間をより演出しています。

洗面とトイレにもアクセントクロスを効果的に使い、シンプルな空間に彩りを。クロスの選び方ひとつで部屋ごとの個性が生まれ、コンパクトな空間にデザイン性の広がりを与えてくれます。

5.建物を引き立てるシンプルな外構

南側には1台分の駐車スペースを用意。外構をホワイトでシンプルにまとめることで、建物のブラックをより引き立てています。今後は、植栽を増やしてマイホームでの時間をより楽しむ予定だそう。

【まとめ】セカンドライフを楽しむ要素をコンパクトに集約

角地を生かした外構や景観を生かした窓の配置など、立地を上手く活用した空間デザインが魅力的なHさん邸。随所に配置された窓が内と外をつなぎ、夫婦の時間をより豊かなひとときにしてくれます。ワンフロアのコンパクトなスペースに必要なものだけを集約した住まいは、セカンドライフを楽しむお手本になりそうですね。

撮影者:平野和司さん
設計者:SkyShip一級建築士事務所 一級建築士 長谷川和哉さん

■施工会社の詳細情報

須々木工務店

木の温もりに包まれた
家族の幸せあふれる空間づくり

この記事をお気に入りに保存する