兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2017.09.14
2,343 views 13 チョイス

インスタで話題!おかき屋なのにかき氷!?おかき専門店「タカミオカキ」

手土産にぴったりのおかき専門店「タカミオカキ」。おかきの販売はもちろん、店内の甘味処では季節によって和スイーツが味わえます。そんなタカミオカキが今年から販売を始めた、季節限定のかき氷がフォトジェニックすぎる!と話題になっています。

 

TAKAMIOKAKI(タカミオカキ)

加古川バイパス加古川ICから南へ車で5分ほどの場所にあるのは、兄弟で営むおかき専門店「タカミオカキ」。
世界一のおかきを作りたい!との熱い思いで2016年にオープン。

topbanner_01

小麦アレルギーの人でも食べられるようグルテンフリーで、無添加無着色の素材にこだわったおかき。
おかき職人として10年以上修行を重ねた店主・弟が一枚一枚丁寧に手焼きしています。

もち米は熊本県産ヒヨクモチを100%使用し、水は「雪彦山」まで天然水を汲みに行っているとか。
塩は塩ソムリエ監修のもと、沖縄県産の「石垣塩」と北海道の「宗谷塩」の2種類をブレンドした塩を使っています。

どれだけいい材料を使っても天気や湿度によっておかきの表情は変わるので、焼き上がりに納得のいかない時はおかきと向き合うそう。

すべてはおいしいおかきを作るため。一切手を抜きません!

おかき屋なのにかき氷?

店主

店主・兄が東京を訪れた時、偶然食べたかき氷のおいしさに衝撃を受けたのがきっかけ。おいしいかき氷を追求するため、自ら食べ歩きを始めました。氷の温度調整や削り方など研究を重ね、手作りのシロップを作ること5年。ついに、おかきに合うかき氷を夏季限定で販売スタートしました。

しろくま

『おかき屋のフルーツしろくま氷』 890円(おかき3種、お茶付き)

週替わりメニューの一つとして作られていたのが、女性や子供連れの家族に好評でメニュー入りすることに。かわいい顔立ちのしろくまですが、何度も試作を重ねてこの顔にたどり着いたそうです。

しろくまは何でできているの?

メインの氷はふわっふわ!溶けかけの温度に調整してから削っているので、口当たりがとってもなめらか。1口2口と食べ進めても、頭がキーンとなりにくい温度とか。シロップは手作りで、甘さ控えめのミルク味。新鮮な牛乳を使用しているので、シロップがなくなり次第売り切れです。

しろくまの目は大納言小豆、鼻はバニラアイス、耳は日替わりのおかき。頭にはきなこ黒糖のおかきがのっていて、ほっぺにはフルーツがトッピングされています。気になる中身は氷が3層になっていて、上から大納言小豆、フルーツミックスが詰まっています。
どこを食べても違う味が楽しめるのがgood!
ボリューム満点だけどあっさりしているので、お皿に残ったシロップも飲み干したくなるほど。

写真映えするように作られたはずが・・・

愛くるしい『しろくま氷』。写真映えするように心がけて作られましたが、ふわふわの食感を追求した結果とても溶けやすい性質をしています。
写真を撮って「かわいい〜!」と談笑している間に、味も食感も変わってしまうとか。

ここでタノスポイント!
かき氷を注文したら、写真を撮るスタンバイを!
撮ったらすぐに食べ始めよう!

 

おかきもチョイス!

店内

かき氷には日替わりのおかきが3種類ついているので、気に入った味があれば購入もできます。
なかでも『ほうじ茶とアーモンドのおかき』や『揚げおかき』が人気。

店内には常時10〜15種類のおかきが並んでいて、贈答用にラッピングも可能。1枚ずつ手焼きで割れにくいので、お土産にもおすすめです。
これまで作られたおかきは60種類!毎週金曜日に新作の味が発表されるので要チェックですね。

おかきはネットで購入もできますよ♪
タカミオカキ オンラインショップはこちらから

■DATA

TAKAMIOKAKI(タカミオカキ)

所在地
兵庫県加古川市加古川町粟津767-1
電話番号
079-440-1849
営業時間
11:00〜18:00 LO.17:00
定休日
火曜日
駐車場
2台
URL
http://takamiokaki.com/jp/
かき氷シロップが売り切れ次第終了の場合あり

掲載内容は2017年9月14日時点の情報です。最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

POST

こんな記事を書いて欲しい!ここの特集をして欲しい!
などのご意見、お待ちしております。

TOP