兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2021.06.13
44,005 views

【赤穂・姫路近郊】人気のジェラート店10選!牧場直営や野菜・フルーツ重視の有名店が勢ぞろい

夏を涼やかに乗り切るスイーツはかき氷だけじゃない!姫路近郊の赤穂をはじめ、兵庫県播磨エリアにあるジェラート屋さん10店舗紹介します。各店舗の一押しとライターがピックアップしたフレーバーをご賞味あれ!

【姫路・加古川周辺】人気のソフトクリーム店7選!専門店やご当地限定ソフトを紹介♪

1.TETE(テテ)<赤穂市>

丸尾牧場直営のジェラート屋さん「TETE(テテ)」。牛乳嫌いの人でも食べられるジェラートを作りたい!との思いで、2019年5月1日にオープンしました。

丸尾牧場では、世界的にもポピュラーなホルスタイン種に加え、国内の乳牛の中で約1%にも満たない希少なジャージー牛を飼育。毎日食べるエサは、赤穂の潮風を受けて育ったミネラル豊富な牧草にこだわっています。のびのびと育てることで、コクのある良質な生乳に。

常時15種類のジェラート・ソルベを用意。赤穂の『ブルーベリー』や、相生の『メロン』など、地元農家さんから仕入れる旬の果物や野菜を使ったものが登場します。

雨の日限定フレーバーとして『ピスタチオ』も。憂鬱な気分も吹き飛びそうですね。

『ダブル』(左からリッチミルク、ミルフィーユ) 460円
※シングルは360円

しぼりたての生乳を12時間熟成させて作る濃厚ジェラート。中でも一押しはジャージー牛の生乳を使った『リッチミルク』です。乳脂肪率が高いのでコクがあり、風味豊か。県内でも珍しいしぼりたてのジャージーミルクを使った濃厚ジェラートが完成しました。

『ミルフィーユ』は特に大人気のフレーバー。イチゴの果肉とパイ生地を練り込み、ミルフィーユ仕立てに。サクサク食感が楽しい新感覚ジェラートです。

『ダブル』(左からキウイ、塩) 460円
※シングルは360円

赤穂ならではの『塩』のジェラートも要チェック。塩の中でもほんのり甘い「赤穂の天塩」を使用しています。やさしい甘さと爽やかな塩気ですっきりとした味わい。一度食べるとクセになる人も多く、ファンが多いのだとか。

暑い日には甘酸っぱい『キウイ』のソルベを。つるんとなめらかな口当たりで後味はさっぱり。ソルベは『マンゴー』のほか、『メロン』や『パイン』も登場予定です。

持ち帰りのジェラートも用意。かわいい保冷バッグに入れてもらえるので、手土産にもぴったり!

「TETE」の詳細記事はこちら➡︎

■DATA

TETE(テテ)

所在地
兵庫県赤穂市中広1992
電話番号
0791-56-6860
営業時間
11:00〜16:00

2.banbi(バンビ)<赤穂市>


創業から40年以上、地元の人に「ノア」の愛称で親しまれている洋菓子店「Patisserie Noé(パティスリーノア)」の隣に、ジェラート専門店「banbi(バンビ)」が2019年5月1日オープン!

「ケーキとはまた違った、ジェラートだからこそできる製法で瀬戸内の果実そのもののおいしさを表現したい」という想いから、7種類のジェラートと3種類のソルベが生まれました。

『ダブル』(左からふらここ、ピスタ)500円

パティシエ一押しのフレーバーは、『ふらここ』。名前の由来は、フランボワーズコンフィチュールとココナッツジェラートの組み合わせから。トロピカルで軽やかな甘さのココナッツピュレと、フランボワーズの爽やかな酸味の相性がGOOD!

『ピスタ』には、イタリア産のピスタチオをローストして深みのある香りに仕上げています。濃厚で上質なピスタチオそのもののおいしさを味わえます。

『ダブル』(左からヘーゼルナッツショコラ、バナーヌ)500円

キャラメリゼしたヘーゼルナッツと、ミルクチョコのジャンドゥーヤを組み合わせた『ヘーゼルナッツショコラ』は『バナーヌ』と合わさり、まるでチョコバナナ!
※ジャンドゥーヤとは・・・焙煎したナッツ類(主にヘーゼルナッツやアーモンド)のペーストとチョコレートとの混合物

『バナーヌ』は適度に熟したバナナに、味と香りが増すコンポートとバニラ、後味を爽やかにするレモンジュースとオレンジゼストを加えます。
「バナナってこんなにおいしかったっけ…?」と思わずにはいられない、計算し尽くされたフレーバーです。
※オレンジゼストとは・・・柑橘系の香りをプラスするために使われる、オレンジの皮の最上層のこと。

「bambi」の詳細記事はこちら➡︎

■DATA

banbi/Patisserie Noé

所在地
兵庫県赤穂市惣門町55-13
電話番号
0791-43-2031
営業時間
10:00~19:00
イートインは18:00まで(L.O.17:30)

3.Scio Scio(ショーショー)<赤穂市>

ブルーを基調とした店構えが海とマッチするジェラテリア「Scio’ Scio’(ショーショー)」。2018年2月3日にオープンしました。

イートインスペースは、海を望むテラス席が4卓あります。
混雑を避けるなら土日の早い時間か、平日を狙って。例年ゴールデンウィークには500人ものお客さんが殺到し、きらきら坂が原宿の竹下通りさながらになるそう。

取材時はジェラートが9種類、ソルベが9種類の計18種類。空気の含有量が少なめで、より濃厚・濃密な味わい。スプーンですくうとトロ~ンと伸びるなめらかさは、さすが本格イタリアンジェラート!

驚くべきは、甘味があるのに砂糖を使っていないということ。甘さの原料となるのは、羅漢果(ラカンカ)という果実と、トウモロコシの発酵から得られる天然甘味成分、2つの天然素材からつくられた甘味料だそう。

『ダブル』(右からチェターラ風~イワシの魚醤、クランベリーチョコソルベ)580円
※シングルは380円、トリプルは580円、
砂糖不使用のジェラートはプラス100円

ここでしか食べられない『クランベリーチョコソルベ』と『チェターラ風』はぜひトライしてほしいフレーバー。チョコに負けないクランベリーの甘酸っぱさとカカオの苦みとが見事に調和した『クランベリーチョコソルベ』。

イワシの魚醤(ぎょしょう)が入った『チェターラ風』は、甘さの中に魚醤の塩気がほのかに感じられ、甘味と塩気の絶妙なバランスが味わえます!トッピングの煮干しと絡めながら食べると潮の香りと相まってやみつきになりそう。

『ダブル』(右からピスタチオ、リモンチェッロ)780円

ピスタチオはシチリア島にあるピスタチオの村、ブロンテ産。酸化すると風味が落ちるため素材の管理にこだわっています。

イタリアから訪れたお客さんがこのピスタチオを食べて「今までで食べたピスタチオのジェラートの中で一番おいしい」と絶賛したフレーバーです。

リモンチェッロはレモンリキュールをベースに、広島産のレモンの皮をアクセントにした爽やかなフレーバー。ピスタチオの香ばしいナッツの味わいとベストマッチ!

※新型コロナウイルス感染症防止対策のため、営業日や営業時間が変更になる場合があります。詳細は店舗へ問い合わせを

「Scio’ Scio’」の詳細記事はこちら➡︎

■DATA

Scio’ Scio’ (ショーショー)

所在地
兵庫県赤穂市御崎2-1
電話番号
0791-45-3030
営業時間
平日 11:00~16:00
土日 10:00~17:00
※新型コロナウイルス感染症防止対策のため、営業日や営業時間が変更になる場合があります。詳細は店舗へ問い合わせを

 

➡︎【関連記事】赤穂で食べたい!かき氷&ジェラート・ソフトクリームなど、ひんやりスイーツ7選!


4.yellow(イエロー) <高砂市>

大正10年創業の老舗鶏卵メーカー「籠谷(かごたに)」が運営する高砂市のジェラート専門店「yellow」。2021年4月には神戸元町に2号店をオープンし、SNSで話題のお店です。

ショーケースに並ぶ手作りジェラートは常時10種類。素材にこだわり、身体にやさしくおいしいジェラートが自慢で、小さな子どもからも人気があります。

『シングル』(たまごやさんのカスタード)333円

「yellow」の看板商品でもある『たまごやさんのカスタード』は、卵の風味がリッチに感じられる一番人気のフレーバー。奥丹波で丁寧に育てられた卵の豊かな風味を損なわず、丹波乳業の低温殺菌牛乳の甘みを最大限に感じられるよう試行錯誤を重ねて完成しました。カスタードのような濃厚なテイストを堪能して。

『ダブル』(左からブルーベリーソルベ、ジャバラソルベ)416円

ここだけでしか味わえない『ジャバラソルベ』はイチオシ!柑橘類のジャバラは、ユズやスダチとはひと味違った風味で、甘さと酸味のバランスが取れたまろやかな味。

ジャバラとの色のコントラストが楽しめる『ブルーベリーソルベ』もオススメ。地元高砂で採れた大粒の有機栽培・無農薬ブルーベリーを使ったソルベは、ねっとり濃厚でブルーベリーのおいしさがギュッと濃縮された満足感たっぷりのフレーバーです。

『ジェラート』8個セット(4種×2個)

テイクアウトや贈答用としても人気のカップ入りジェラートは、『カスタード』『抹茶』『ストロベリー』「チョコレート』の4種のラインアップ。好みのフレーバーをチョイスすることもできます。

このほか、カフェスペースではモーニングやスイーツ、ドリンクなどの販売も。テイクアウトできるメニューもありますよ。

「yellow」の詳細記事はこちら➡︎

■DATA

yellow

所在地
兵庫県高砂市荒井町若宮町7-17
電話番号
079-444-2410
営業時間
9:30~18:00

5.にゅうにゅう工房

市川町ののどかな県道沿いにたたずむ「にゅうにゅう工房」。店に入ると気さくなオーナーが出迎えてくれます。2002年の創業以来、多くのファンに愛され続けています。

兵庫県産の牛乳と旬の果物をたっぷり使ったジェラートは常時12種類。そのほか、後味爽やかな『ソフトクリーム』(380円)や、夏季限定で稲美町産「いなみ野メロン」半玉を器にしたシャーベット、秋には地元の農家が育てた市川町名産・サツマイモを使ったジェラートもあります。

『ダブル』(左からオリジナルミルク、さくらんぼ)450円
※シングルは380円

すっきりとした味わいの『オリジナルミルク』は、創業時から不動の人気を誇ります。『さくらんぼ』など、旬の果物を使った期間限定フレーバーと組み合わせるのがおすすめ。

『ダブル』(左からラムネ、ラムレーズン)450円

定番フレーバーで人気No.2なのが『ラムレーズン』。お店でラム酒に漬け込んだ自家製ラムレーズンはとってもフルーティー。爽やかな期間限定フレーバー『ラムネ』に合わせると甘酸っぱく、初夏の訪れを感じさせてくれます。

持ち帰り用のジェラート(320円)や『もなか』(320)円も人気。『クッキーサンド』(320円)は予約が必要です。夏のギフトにも喜ばれそう。

■DATA

にゅうにゅう工房

所在地
兵庫県神崎郡市川町下瀬加958-1
電話番号
0790-27-0241
営業時間
平日 10:00~17:00
土・日曜、祝 10:00~18:00

6.wacca(ワッカ)<多可町>

国道427号線沿いにある「箸荷(はせがい)牧場」直営のジェラートショップ「wacca(ワッカ)」。エントランスからイートインスペースにかけてゆったりとしたスペースがあり、ゴールデンウィークや夏になると行列ができ、店内はあっという間に満席に。

「箸荷牧場」のミルクのおいしさの秘密は、乳牛を育てる環境にあります。“牛の5つ星ホテルを目指そう!”という経営理念の下、乳牛が自由に歩き回れるようにしたり、個々のベッドにゆとりを持たせて清潔な状態を保ったりすることで、牛のストレスを軽減させることに注力しています。

既成概念にとらわれないオーナーのインスピレーションから生まれるジェラートは、“身体にやさしく、おいしく、きれい”。ジェラートとソルベをあわせて20種類のフレーバーを用意しています。

『レギュラー・3フレーバー』(左からよもぎ、ピルク、あいり)550円
※レギュラーサイズは1フレーバー330円、2フレーバー440円

リピーターの間ではおなじみの自家製乳酸菌飲料「ピルクル」から作ったジェラートは、すっきり爽やかな後味が特徴。子どもから大人までみんなに愛されるフレーバーです。

珍しい『よもぎ』のジェラートは、クセが全くなく「箸荷牧場」のミルクと相性ピッタリ!和テイスト好きな人におすすめ。

『あいり』はバラの花びらが添えられ写真映えもばっちり。バラのペーストを混ぜ込み、優雅な香りをそのままジェラートに閉じ込めた贅沢なフレーバーです。

『盛りジェラートS』(左からミルク、アッズーロ)440
※Sサイズ(1~2フレーバー)440円、Mサイズ(1~3フレーバー)550円

沖縄の海をイメージした『アッズーロ』はオープン以来ずっと試行錯誤し続けて、やっと完成したというオーナー渾身のフレーバー。「箸荷牧場」のミルクに合う塩を厳選した塩のジェラートです。イタリア語で“青”を意味する『アッズーロ』ですが、青いソースももちろん天然素材。ミルクの優しい甘さと、絶妙なバランスで追いかけてくる塩の爽やかな後味を楽しんで。

現在は、新型コロナウイルスの影響を受け、西脇市や多可町を中心に移動販売も行っています。あなたの住んでいる町の近くにも来ているかも。販売場所や販売時期など詳しくは公式Instagramをチェックして。➡︎公式Instagramはこちら

「wacca」の紹介記事はこちら➡︎

■DATA

wacca

所在地
兵庫県多可郡多可町加美区門村546-4
電話番号
0795-20-8528
営業時間
10:00~17:00(売り切れ次第終了)
※2020年6月20日から営業再開予定。
最新情報は公式インスタグラムで確認を推奨します。
(2020年6月12日時点の情報)

7.BOSS&MOM(ボスアンドマム)<三木市>

緑広がる三木市吉川町で1967年から続く「西山牧場」。2001年には、しぼりたての生乳をたっぷり使ったアイスクリーム工房「BOSS&MOM」がオープン。店長が学生時代に考案したレシピや製法が評判を呼び、弟子入り志願者も多いそう。

牧場では、白黒模様が可愛いホルスタイン種が60頭ほど飼育されています。牛舎内で放し飼いにし、なるべくストレスをかけないように育てることで、味わい豊かで高品質なミルクになるそう。

自家農園や地元の野菜とフルーツをふんだんに使ったアイスクリームは、季節限定を含めて年間60種類以上を展開!春から夏にかけては『さくら』『メロン』『トマト』『スイカ』『ぶどう』『もも』、秋から冬にかけては『いちじく』『くり』『かぼちゃ』『いちご』などがスタンバイしています。

『ダブル』(牧場ミルク、黒豆)450円
※シングルは380円、テイクアウト用は330円

なかでも人気の『牧場ミルク』は、店長自慢のフレーバー!シンプルなミルクの味がダイレクトに感じられ、後味もすっきりしています。

大粒の黒豆入り『黒豆』もおすすめ。自慢のミルクアイスに、地元の農家仲間が栽培している黒豆を練り込み、豆粒そのものもトッピングしています。凍った豆のシャリシャリした食感を楽しんで。

【三木】「西山牧場」でピザやバター作り体験♪アイスクリーム工房「BOSS&MOM」も併設

■DATA

BOSS&MOM

所在地
兵庫県三木市吉川町豊岡427
電話番号
079-472-1026
営業時間
10:00~19:00
※冬季は18:30まで

8.万寿庵<三木市>

1986年に天津甘栗専門店としてオープンした「万寿庵」。2006年の大規模なリニューアル時にカフェを併設、2018年に売台や棚など店内のレイアウトを変更しました。

ジェラートは常時14種類あり、そのうちの5、6種類は季節の食材を使っているので、季節によって内容が変わります。

『ダブル』(左から山田錦、つぶ)450円
※シングルは400円

中でも、鋳鉄製の窯で焼いた後、冷蔵庫でじっくり糖化熟成した甘栗の粒入り『あまぐりジェラート(つぶ)』が大人気。ミルクのコクが甘栗の味や芳(こうば)しい香りを損ねることなくまろやかにし、お互いの甘みを引き立て合っています。

地元の食材を使ったジェラートでは酒米の王様『山田錦』がおすすめ。山田錦のリゾットと、香り付けにアルコールを飛ばした日本酒が入っています。米粒がしっかり感じられる珍しいジェラートです。

店頭では、甘栗とあまぐりジェラートを持ったマスコットキャラクターのくりのすけが出迎えてくれます。

■DATA

万寿庵

所在地
兵庫県三木市本町1-3-10
電話番号
0794-83-2923
営業時間
10:00~19:00 LO.18:30

9.Big Mama(ビッグママ)<稲美町>

稲美町にある「大村農場」直営の「ビッグママ」。お店のすぐそばの畑でとれた旬の野菜や果実を贅沢に使い、素材のうま味を前面に出した濃厚ジェラートやソルベが味わえます。

フレーバーは、自家農園や地元でとれたフルーツと野菜が中心。常時30種類あるうちの16種類が日替わりでショーケースに登場します。

6月の一押しは『ブルーベリー』(提供は8月中旬ごろまで)。7月からは、やさしい甘さの『もも』や酸味が爽やかな『すもも』が登場します。さらに『いなみ野メロン』や『いなみとまと』など稲美町の名産を使ったジェラートもラインアップ。いずれも自家農園で収穫できる期間の限定フレーバーです。

『ダブル』(左から抹茶、いちごパイ)480円
※『シングル』は380円

春にとれたイチゴをジャムにし、パイ生地と合わせた『いちごパイ』がお店一押し。9月ごろまでの人気フレーバーです。鮮やかな緑の『抹茶』を組み合わせると何ともかわいらしいカラーになり、写真映えも◎

■DATA

Big Mama

所在地
兵庫県加古郡稲美町野谷216-4
電話番号
079-495-5322
営業時間
10:00~日没

10.ぐらなーと<明石市>

「ぐらなーと」は、隣接する「伊藤牧場」直営のジェラート専門店。海岸からも近く、散歩やサイクリングの途中に立ち寄る人も多いそう。

ジェラートに使う牛乳は、「伊藤牧場の」ホルスタインから搾乳されたばかりの新鮮な生乳のみ。生乳の風味を損なわないよう65℃で低温殺菌し、ジェラートに加工しています。ホルスタインの生乳はあっさりとしているのが特長で、その風味を引き出すために砂糖は極力控えています。

店頭には12種のジェラートがラインアップ。夏には『塩ミルク』や『レモンクリームソーダ』など限定のフレーバーも登場。また、地元の農場で収穫されたトウモロコシをたっぷり練りこんだ変わりダネは、毎年登場を心待ちにしている人も多いそうです。

『カップジェラート ダブル』453円(左からみかん、みるく)
※シングルは367円、テイクアウトは345円

人気No.1フレーバーはやっぱり『みるく』。生乳の風味を最も感じられる一品です。すっきりとした味わいで、ダブルでもペロリと食べられちゃいます。

ジェラートにはちょっと珍しいフレーバー『みかん』。愛媛県産みかんの皮のシロップ漬けがゴロゴロと入っています。みかん果汁入りでさっぱりとしていて、後からほんのりミルクの風味を感じるジェラートです。

『コーンジェラート ダブル』453円(左からカフェオレ、いちご)

『カフェオレ』は、ほろ苦いコーヒーとミルクのまろやかさのバランスがGOOD。瓶入りのコーヒー牛乳のような懐かしい味わいです。

人気No.2は『いちご』。明石市魚住町清水地区で栽培された「清水いちご」を使用しています。ジャムにしたイチゴを練り込んだジェラートに、ザクザクと刻んだフローズンイチゴがたっぷり。

『TAKEOUTカップ』各345円

持ち帰りに便利な『TAKEOUTカップ』は『みるく』や『チョコレート』、『塩』など、全部で8種類のフレーバーから選べます。搾りたての新鮮な生乳を使い、生乳本来の味を自宅でも味わえるのは、牧場直営店ならでは。手土産にもぴったりです。

2021年6月現在は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、イートインスペースを撤去中。店内・店外での飲食はできません。今後の詳しい状況はInstagramをチェックして。➡︎公式Instagramはこちら

「ぐらなーと」の詳細記事はこちら➡︎

■DATA

ぐらなーと

所在地
兵庫県明石市藤江285-1
電話番号
078-778-0930
営業時間
10:00~17:00

【姫路・加古川周辺】人気のソフトクリーム店7選!専門店やご当地限定ソフトを紹介♪

 

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2021年6月4日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

POST

こんな記事を書いて欲しい!ここの特集をして欲しい!
などのご意見、お待ちしております。

TOP