兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2020.04.04
2,675 views

【加古川】「toukokuu-cafe(トウコクウカフェ)」で世界のお菓子とともに静かなお一人様タイムを

加古川市にある「toukokuu-cafe」は、オシャレな家具や骨董品に囲まれた静かなフェ。ゆったりとした時間が流れる店内は、優雅なお一人様タイムを満喫するのにピッタリです。世界各国の珍しいお菓子やこだわりのコーヒーも要チェック。

「toukokuu-cafe(トウコクウ カフェ)」

小さなビルの2階にひっそりと佇む「toukokuu-cafe」。カフェとは気付かず通り過ぎてしまいそうな隠れ家スポットなので、お店を探すところから楽しめそう。

10席ほどのコンパクトな店内。骨董タンスやイギリスのアーコールチェアなど、和と洋が見事に馴染むシックな空間です。

入り口には“お静かに”の文字が。「お一人様にゆったり過ごしてもらいたい」との店主の思いが込められています。
訪れるのは、一人で静かに読書や書き物をして過ごすお客さんがほとんど。誰もがゆったりと流れる時間を大切にしています。

ピアスや革小物など、地元の作家さんを中心とした雑貨の販売もしています。陶器で作る珍しいアクセサリーにもぜひ注目してみて。月に一度、ワークショップも開催中。金継ぎや編み物など、さまざまな体験を通じてお客さんとの縁をつないでいます。

曜日によってメニューが替わるランチ

『本日のサンドウィッチ』900円 ※スープ・フルーツ付き

ランチは1種類。曜日によってメニューが替わり、水曜・木曜・金曜はサンドウィッチがメインです。具材は週替わりで、取材日はキノコとカボチャ。こんがり焼いた甘めのパンとの相性もよく、しっかり食べ応えがあります。

『キッシュランチ』1,000円 ※スープ・フルーツ付き

ボリュームを重視したキッシュのランチは土曜日限定。玉ねぎ、ベーコン、チーズが入ったアルザススタイルのキッシュは王道のおいしさです。キッシュの具材は週替り。マーマレードがアクセントの付け合わせのキャロットラペも、リピーターに好評です。

火曜日限定メニューは『チキンキーマカレー』(950円)。このカレー目当てに火曜日に立ち寄るお客さんもいるそう。店主が一人で営む小さなお店なので、ランチは予約がベターです

深煎(い)りコーヒーとこだわりの紅茶

「toukokuu-cafe」のコーヒーは、神戸市中央区のコーヒースタンド「CARRERA coffee(カレラ コーヒー)」の豆を使用しています。

深煎りを中心に常時3種類がスタンバイ。本を片手にゆっくり過ごしてもらうため、冷めても風味の良いコーヒー豆を選定しています。おかわりが半額なのもうれしいポイント。

『タンザニア』550

中深煎りで、豊かな風味が口いっぱいに広がる『タンザニア』。しっかりとした苦味の中に甘さがあり、上品な後味が特徴です。オーダーを聞いてから豆を挽(ひ)き、ハンドドリップで1杯ずつ丁寧に淹(い)れています。

世界各国の珍しいお菓子にも注目

自家製スイーツは常時2、3種類がラインアップ。定番ケーキのほか、珍しい世界各国のお菓子や、季節やイベントにちなんだものを提供しています。

『ファーブルトン』250

プリンのような味わいと、カヌレのような食感をあわせもつフランスの伝統菓子『ファーブルトン』。生地の甘さと、たっぷり入ったプルーンの酸味が相性バツグンです。ファーブルトンを直訳すると“ブルターニュ風ミルク粥”。もちろんお粥ではなく焼き菓子ですが、こんな風に世界各国のお菓子はおもしろいルーツがある物が多いそう。その小さな物語が伝わっていくことに喜びを感じながら、お客さんとの会話も大切にしています。

『ミモザケーキ』500

スポンジ生地の中に、サフランで黄色く色付けしたレモン風味のカスタードクリームを挟んだケーキ。スポンジを砕いたクラムをあしらい、ミモザに見立てた春らしいスイーツです。シンプルながらも、サフランの芳しい香りがふわっと広がる新感覚を楽しんで。

『ラムレーズンサンドイッチケーキ』550

イギリスの伝統的な焼き菓子である、ヴィクトリアサンドイッチケーキをヒントに考案したケーキ。シンプルなバターケーキに、しっかりした甘さのラムレーズンバタークリームを挟んでいます。

コーヒーの苦味とマッチするのはもちろんのこと、ロイヤルミルクティーにラム酒を加えた『ラムチャイ』(650円)と合わせ、思いっきりラムを楽しむのもオススメ。ケーキはドリンクとセットで100円引きです。

■詳細情報

■DATA

toukokuu-cafe

所在地
兵庫県加古川市加古川町北在家2441-1 2F
電話番号
080-6749-7193
営業時間
11:30~日没まで

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2020年3月15日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

POST

こんな記事を書いて欲しい!ここの特集をして欲しい!
などのご意見、お待ちしております。

TOP